このページが気に入ったら→ 

アメリカ留学を目指す生徒のために必死で学校を探すスタッフの奮闘記 ~学校紹介Part2~

 みなさん、こんにちは!アメリカ留学プログラムの広報、ユウシです。
※はじめましての方はコチラからブログ第一回「はじめまして~」

灼熱の日差しの中、今日も元気?に学校を巡っています((+_+))。

アメリカ中西部(※ミッドウエスト)の夏、30度とかはあっさり超えてきますので、みなさん注意してくださいね。

どうでもいい話かもしれませんが、昨日、超ひさびさに日本食を食べに行きました。

シモン君が食べているこちら、Miso Soupです。

味はまぁまぁですが、かなりデカいです。

ちなみに、こちらは某ファーストフード店のドリンクMサイズ。

なんとシモン君の顔と同じ大きさです
( ゚Д゚)

ご覧のとおり、アメリカの食べ物のサイズは日本人にとって、非常に大盛なので、留学中は気を付けてください。

気にしないでバクバク食べてた僕は、恐らくこの一週間で1~2キロは太った気がします・・・
;つД`)

参考:栄陽子の留学コラム「みんな気にする!留学中の食事について覚悟しておくこと」

さて、暗い話はここまでにして、今回見つけたおすすめ学校を紹介していきます!

アメリカ留学おすすめ その1

まずはコチラ、Neosho Community College(ネオショー コミュニティカレッジ)

学生数およそ2,000人という少人数制を徹底している二年制大学で、留学生を担当するSarah(サラ)さんは大のアジア好き!親身になって留学生の面倒を見てくれます。

今年は約50名の留学生が世界各国から集まっているそうですが、日本人がいなく寂しいとのこと。

そんなSarahさんと共に留学生を盛り上げてくれるのが、こちらのHiroko(※写真右)さん!

なんと彼女は栄 陽子留学研究所よりアメリカ留学を果たし、もう滞在10年目となる皆さんの先輩。
( *´艸`)

現在はアスレチックトレーナーとしてこのNeoshoCCで活躍中!(^◇^)

アスレチックトレーナーを目指す人は要チェックです(∩´∀`)∩

そして、このNeosho、普通の学校ではあまりお目にかかれない施設も・・・

それがこのゲームルーム!

学生寮に設置されており、無料でPS4やWiiなどのゲーム機で遊ぶことができます。

当たり前ですが、ゲームはあくまで息抜き程度、一日一時間にしてくださいね♪

アメリカ留学おすすめ その2

続いてのおすすめ学校はこちら、Marshalltown Community College(マーシャルタウン コミュニティカレッジ)!

こちらも少人数制のクラスにこだわり、1つの授業に平均15人の生徒というリベラルアーツ的な教育が強く見られる二年制大学。

留学生を担当するJulia(ジュリア ※写真中央)さんは、生徒の進路指導から銀行口座の開設まですべての面倒をみるという世話好きのコーディネーターさん!
(*´▽`*)

そんな彼女の存在あってか、こちらの学生の満足度は群を抜いて高いことでも有名。

はじめて海外留学する人にはピッタリの学校という印象をうけました(‘ω’)ノ

学生寮の部屋には広いリビングがあり、洗面台が2つあるのはポイント高いですね!

忙しい朝でもルームメイトと洗面台の取り合いはなりません w

僕が一人暮らしをしている東京のマンションより豪華ですね・・・(´;ω;`)

そして、僕たちの帰りがけには思いもかけないプレゼントが!
( ゚Д゚)

なんと、カレッジTシャツをいただきました!

とても嬉しいサプライズ(*´▽`*) ありがとうございます!

 

というわけで、さっそく記念撮影のはずが・・・

・・・目をつぶってしまって台無し( ̄д ̄)

ブログ更新です‼
第六回「アメリカ留学を支える裏方スタッフの出張ブログがついに最終回~おすすめ学校Part3~」

※「シェア」や「いいね」本当に励みになります(^◇^)!
引き続き頑張っていきますので、応援よろしくお願いします m(_ _)m

過去のブログはコチラから!
第一回「アメリカ留学でみんなを成功させるために裏方スタッフが必死にやっていることあれこれ ~はじめまして!~」

第二回「アメリカ留学を支える裏方スタッフが必死にやっていること ~アメリカの真の姿~」

第三回「アメリカ留学を支える裏方スタッフが現地で見つけたばかりの超おススメ学校!」

第四回「アメリカ留学で生徒全員を成功させるために裏方の僕がいま必死でやっていること 番外編 ~独立記念日~」


筆者プロフィール
栄 裕士(さかえ ゆうし)

広報およびWebコラムなどを担当しております。
高校時代にボストンのThe Cambridge School of Westonへ2年半留学。卒業後は現地の大学を蹴って上智大学へ入学。現在は当ブログにあるように多くの学校を視察し、「あぁ、やっぱりアメリカの大学へ行けばよかった」と後悔する日々を過ごしています(笑)
Twitterでも随時留学情報をつぶやいていきますので、よろしければフォローをお願いします!